投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール事情 第15回「シンガポールの監査について」【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回はシンガポールでの法人の監査について、お話ししたいと思います。

シンガポールでは基本的に上場、非上場を問わず、すべての会社に法定監査が必要になるというのが大きな特徴です。理由としては、原則としてすべての会社に監査を要求することにより、一定のコンプライアンスレベルを確保し、申告制度や税務調査制度の品質を維持していると考えられます。クリーンさと効率性を売りにするシンガポールならではという感じがします。日本では上場会社と非上場のうち一定規模の会社以外は原則監査が不要となっておりますので、大きな違いだと思います。

また、外国法人の支店の場合にも監査が必須とされています。

例外として、以下に該当する会社は監査が免除されます。

1)会社が私的免除会社※1(Exempt Private Company)に該当し、かつ年間の売上がSGD500万以下(約4億円!)の場合

2)会社が休眠会社の場合

※1 私的免除会社

株主が50人以下で株式譲渡に制限がある会社のうち、株主が個人で20名以下の会社となります。日本人の個人オーナーが個人出資でシンガポールに進出する際にはこちらに該当する場合が多くなります。

 

なお、監査の免除に関する規定については会社法の改正が検討されています。私的免除会社とは別に「Small Company」という概念が導入され、その条件を満たす場合には監査が免除となります。

「Small Company」の定義は以下の3つの条件のうち2つ以上に2年連続で当てはまる会社となります。

①年間の総収益(売上)がSGD1,000万以下

②総資産がSGD1,000万以下

③従業員が50人以下

こちらが導入されると監査免除となる会社が増加することが予想されます。

監査法人の仕事が減りそうですね(笑)

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る