投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポールは税金の割引tax-rebateが実施される場合がある【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

シンガポールではその時の財政情勢や経済状況を勘案して、法人税や個人所得税を一時的に安くすることがあります。今回はこのTax Rebateの制度を紹介します。

 

【法人税率は原則17%だが、現在3割引している】

シンガポールの法人税率は原則17%とされていますが、2013年賦課年度から2017年賦課年度に限り、所得が30,000シンガポールドル(1ドル90円として2,700,000円)を上限に法人税が3割引されています。また、2016年賦課年度と2017年賦課年度は上限が20,000シンガポールドルに引き下げられています。

なお、賦課年度とは税務当局が税額を決定する年度のことをいいますが、各法人の事業年度の次の年度を指すと考えていただければよいと思います。

詳細はシンガポール税務当局IRASの下記のサイトで説明があります。

https://www.iras.gov.sg/irasHome/page04.aspx?id=14564

 

【個人所得税も2014年分は5割引だった】

シンガポールの個人所得税は2%から20%までの累進課税ですが、所得が1,000シンガポールドルを上限に個人所得税が5割引とされていました。なお、5割引の制度は2015年の所得に関する申告には適用されませんが、同様の割引は過去何度か実施されています。

詳細はシンガポール税務当局IRASの下記のサイトで説明があります。

https://www.iras.gov.sg/irasHome/page04.aspx?id=16110

たとえば、1000シンガポールドルの割引を受けた場合、1シンガポールドル90円と仮定すると90,000円所得税が安くなります。うれしくなりますよね!

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る