投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポールのBEPSへの対応 Singapore Joins Inclusive Framework for Implementing Measures against Base Erosion and Profit Shifting (BEPS)【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回は、いわゆるBEPSプロジェクトに対するシンガポールの対応について記載をします。

 

2016年6月16日付けでシンガポール税務当局(IRAS)より、OECDが参画しているBEPSプロジェクト※に、シンガポールも参加する(BEPSプロジェクトの考えを取り入れていく)旨の内容のプレスリリースが発表されています。

 

※Base Erosion and Profit Shifting、日本語訳で「税源浸食と利益移転」といいます。多国籍企業の国境を越えた過度の節税策に対応するためにOECDが立ち上げたプロジェクトです。

 

シンガポール税務当局発表の詳細は下記のウエブサイトをご覧ください。

https://www.iras.gov.sg/irashome/News-and-Events/Newsroom/Media-Releases-and-Speeches/Media-Releases/2016/Singapore-Joins-Inclusive-Framework-for-Implementing-Measures-against-Base-Erosion-and-Profit-Shifting–BEPS-/

 

なお、シンガポールはOECDの加盟国ではありません。

 

BEPSプロジェクトは移転価格税制の文書化など13項目の行動について取り纏めをしており、OECD各国が各国の税制改正等を通じて、BEPSプロジェクトの考え方を導入していくと予想されます。

私見ですが、シンガポールも含めた各国が、BEPSプロジェクトの13項目の提言のうち、どこまで取り入れるかは不透明な部分もあるように思えます。

なお、日本では、平成28年度の税制改正で移転価格税制の文書化についてBEPSの提言を取り入れています。

 

BEPSについての詳細は財務省が公表している下記の資料をご覧ください。

https://www.mof.go.jp/public_relations/finance/201511b.pdf

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月2日(金) 15:00~17:00 

日本親会社・シンガポール子会社で気をつけたい税務・労務・ビザ・会計監査などのあれこれセミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280902/

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る