投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポールの徴兵制度 National service in Singapore 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回はシンガポールの徴兵制度に関して、ビジネスに関係する箇所をお話したいと思います。

 

【男性従業員は年1回徴兵されてしまう】

シンガポール男性国民は18歳ごろより2年間軍隊に呼ばれトレーニングを受けることとなります。

また、その後も予備兵として、通常40歳まで(士官は50歳まで)年1回最大40日徴兵されてしまいます(筆者が見ている限りでは2週間程度の徴兵が多いように見えますが)。

そのため、シンガポール法人に勤める男性従業員は定期的に軍隊に呼ばれ、仕事を休まざるを得なくなるのです。

 

日本で働いている方からすると想像できないと思いますが、現実として男性従業員は定期的に仕事を休まないといけません。このことを知っておいていただければと思います。なお、駐在員のような外国籍の男性および初代永住権取得者には関係ありません。

 

 

【雇用主は給与を支給し、その後防衛省へ費用の償還を請求できる】

雇用主は徴兵された従業員に対して休暇を与えた上に給与も支給する必要があります。従って、その後雇用主は防衛省に対して給与金額の償還を請求できます。

ただ、繁忙期に従業員が急に抜けてしまうというのは痛手だと思います。筆者も仕事仲間が急に徴兵されてしまった経験があります。

 

 

【筆者の感想】

シンガポール国民の若い男性を見ていると肥満の方が少ないように思います。彼らは軍隊にいくことを想定して意識的に体を絞っているのかもしれません。私と一緒に働いているシンガポール人もジムにいったり、バドミントンをしながら休憩中に空気いす?をしたりして体を鍛えています。

 

これに対し、女性は兵役がないので1年中仕事に専念することができます。お子様がいる家庭でもメイドさんを雇っている方が多いので、日本の女性より家事の負担が少なくフルタイムの仕事も支障なく働ける環境にあります。女性にとっては、定期的に旦那が徴兵されて留守になることはいいことなのかもしれません(旦那元気で留守がいい!?)。

 

【参考資料】

Contact Singapore

https://www.contactsingapore.sg/en/investors-business-owners/visa-passes/residency-and-citizenship/national-service

 

NS.SG

https://www.ns.sg/nsp/portal/employers/nsmen-payments-employer-info/nsmen%20payments%20employer%20info

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月30日より11月9日まで

海外進出企業様向け 個別相談会 S k y p e を使ったご相談も対応可能です。

http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf

 

2016年11月28日(月)15:00~17:00

海外取引に対する税務調査対策セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281128/

 

2016年12月13日(火)14:00~18:00

アメリカ進出企業・投資家様向け 個別相談会

http://toma.co.jp/pdf/20161213america_soudan.pdf

 

2016年12月17日(土) 10:00~12:00

【ロサンゼルス会場】Q&Aでやさしく解説 相続で得する人、損する人

http://toma.co.jp/seminar/la01/

 

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る