投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

海外展開企業向け会計&税務情報:シンガポール

シンガポールの就労ビザについて その5【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

前回に続き、日本法人の方がシンガポール子会社や支店等で就労する場合に取得する、就労ビザについてお話をします。なお、本ブログ上、日本円で表示している金額は、1SGD(シンガポールドル)=85円で換算しています。

 

【就労ビザの申請の流れ】

就労ビザ取得に関して、知っておいたほうが良いポイントは下記のとおりです。

・シンガポール法人の設立と同時に就労ビザを申請する場合は、資本金を100,000SGDまで増やしてから、1週間程度経過しないと申請できません。設立の進捗とセットで考えてください。

・オンライン申請後、シンガポール行政(Ministry of Manpower、以下MOM)による結果通知までは1週間程度です。

 

具体的な流れは下記のとおりです。

まず、オンライン申請をする。

→(7営業日程度)承認もしくは差し戻し、同時にIPA letter (in-principle approval,ビザ発行承認後に各種資料の依頼書)の発行

→シンガポール行政から指示を受けた人は、血液検査やレントゲンなどのメディカルチェックをMOMが指定するシンガポールの病院やクリニックで受ける

→(シンガポール訪問後に)MOMを訪れ、指紋の採取・写真撮影等をおこなう

→(4営業日後)郵送で就労ビザのカードが届けられる

 

オンライン申請は代行業者もしくはシンガポールのSingpass保有者(シンガポール人もしくは永住権取得者、EP取得者)の方にしていただくこととなります。

 

※2014年8月1日より、シンガポール人の雇用を促すため、シンガポール人に対して行政が運営している求人サイトJob Bank上において、EP申請前、少なくとも2週間にわたって求人をおこなうことが求められています。

ただし、雇用者数25名未満の会社や月額12,000SGD(1,020,000円)以上の求人の場合は、この扱いが適用されないなど、条件が決められています。詳細は下記のサイトをご覧ください。

http://www.mom.gov.sg/employment-practices/fair-consideration-framework

 

なお、Job Bank登録時にIDが発行されるので、上記の求人の事実を証明するため、就労ビザ申請時にIDも提出をすることとなります。

 

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

11月13日(金)15:00~17:00 個人資産家のための国際税務対策セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h271113/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る