投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポールの就労ビザについて その1【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回から数回にわたり、日本法人の方がシンガポール子会社や支店等で就労する場合に取得する、就労ビザについてお話をします。

 

【シンガポールの就労ビザの主な種類】

日本法人の従業員が、シンガポール就労時に申請する主なビザには、以下の2つがあります。

 

1 Employment Pass(エンプロイメント パス)

外国人の専門家・管理職・役員に対して発行される就労ビザです。

ビザ申請者は、すくなくとも月収3,300SGD(1シンガポールドル=85円で換算して、280,500円)以上の給与を得る予定の人で、および、一定の要件が必要です。

 

2 S Pass(エス・パス)

外国人で中程度の経験スキルをもった従業員に対して、発行される就労ビザです。

ビザ申請者は、すくなくとも月2,200SGD(187,000円)以上の給与を得る予定の従業員で、就労予定の業務に関連する一定の資格、および、実務経験が必要となっています。

S Passの発行を受けるためには、外国人1に対して、シンガポール人7人の雇用が求められています。

 

※Work Permit for foreign worker(ワーク・パーミット)と呼ばれる就労ビザも外国人向けに発行されていますが、主に単純労働者を想定しており、日本人には発行されていない状況です。

 

【Employment Pass(エンプロイメント パス)の発行を受けるためには】

Employment Passの申請にあたり、シンガポール当局が重視しているのは、下記の6つの要素であるといわれています。

A 月収(Salary)

B 学歴

C 職歴

D 雇用するシンガポール法人の資本金金額

E 雇用するシンガポール法人のシンガポール人雇用人数(ビザ更新時)

F 雇用するシンガポール法人の売上(ビザ更新時)

 

これらの要素の説明は、次回以降に致します。

 

 

10月20日(火) 15:00~17:00 【シンガポール会場】税務戦略からみたアジア統括会社セミナー

http://toma.co.jp/seminar/sin01/

 

11月13日(金)15:00~17:00 個人資産家のための国際税務対策セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h271113/

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る