投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポールの個人所得税のスケジュール How is a personal tax schedule in Singapore? 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回はシンガポールの個人所得税の申告や納税のスケジュールについてお話します。

 

【スケジュール】

シンガポールの個人所得税のスケジュールは以下のとおりです。

 

《A.申告の対象となる期間》

毎年1月から12月まで

 

《B.申告期限》

翌年4月15日まで(休日の場合は翌日)

 

《C.納税期限》

納税は申告時ではなく、シンガポール税務当局からNotice of Assessmentという書面の発効日から1ヶ月以内に納税をします。

シンガポール税務当局のWebsiteでは翌年の4月から9月までの間に手紙を発行するとしています。

 

《D.納税方法》

日本と異なり給与所得について源泉徴収制度がありません。一括払いが原則です。

・Internet Bankingや街に設置されているAXSなどの端末による電子払い(Electronic Payment)

・場合によりクレジットカード払い

・シンガポール税務当局が推進しているGIRO(自動引き落とし)払い

 

【詳細説明】

《A.申告の対象となる期間》

日本と同じく、毎年1月から12月までの所得に対して申告をします。

なお、途中からシンガポールで働き始めた場合であっても、12月までの所得が20,000シンガポールドル(1シンガポールドル80円として、1,600,000円)を超えると納税額が発生しますので、申告が必要かどうか検討することとなります。

 

《B.申告期限》

Tax Agent(会計事務所)が依頼者に代わって申告を行う場合、事前に申請をすることにより、申告期限を翌年の6月30日までに延長することが認められています。

 

《C.納税》

筆者の経験談ですが、Notice of Assessmentという手紙の発行時期は、早い方で5月頃、遅い方で翌年の3月頃(例えば2015年の申告を例とすると、2017年3月頃)に届くなど、まちまちとなっています。

 

《D.納税方法》

以前はCheque(小切手)による支払も案内されていました。現在でも、シンガポール税務当局へ小切手で払いたい旨を伝えることで、小切手での支払いも認められるケースがあります。

GIRO(自動引き落とし)払いを選択した場合は、一括払いのほか、分割払いも選択できます。また、手数料もかかりませんので便利です。

しかし、分割払いを選択すると、翌年から前年の所得税額の12分の1が毎月あらかじめ引き落とされるProvisional Installment Plan(PIP)という仕組みが適用されてしまい、税金が事前に徴収されてしまいます。筆者はGiro払いにしていますが、突然PIPが適用されびっくりした記憶があります。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

6月29日(木)、8月3日(木)、8月25日(金)

【外資系企業向け】 税務・会計・監査お悩み相談会

http://toma.co.jp/seminar/fcconsul/

 

7月12日(水)

<東京会場>14:00~16:30 (受付13:30~)

<シンガポール会場>13:00~15:30 (受付12:30~)

海外赴任と外国人雇用丸わかり!セミナー【東京のセミナーをシンガポールでライブ中継!】

http://toma.co.jp/seminar/sin05/

 

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る