投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:カンボジア

シンガポールとカンボジアの租税条約 Singapore and Cambodia Sign Agreement for Avoidance of Double Taxation【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


2016年5月20日にカンボジアとシンガポールで租税条約に署名がされました。なお、両国での批准(ひじゅん※)が未了のため、まだ条約の効力が生じていません。

Singapore and Cambodia signed an Agreement for the Avoidance of Double Taxation (DTA) on 20 May 2016.

This Agreement was signed however, the Agreement is not yet ratified and therefore does not have the force of law.

日本の財務省のウエブサイトによると、2016年5月23日時点で日本とカンボジアで租税条約を署名したという情報は記載されていません。

もし、日本とカンボジアに租税条約がない状況が続くのであれば、日本法人は、まずシンガポールに子会社を設立し、その後シンガポール資本によりカンボジアで孫会社を設立することにより、カンボジアとシンガポールの租税条約の恩恵を受けることが出来るかもしれません。

実は、ミャンマーもカンボジアと同じ状況にあります。

海外進出時に進出国と日本が租税条約を締結しているかどうかも、チェックポイントとなるのではないでしょうか。

  • 署名により内容が確定した条約に対して国家の権限ある機関が,各国国内法上の手続に従い行う最終的確認と確定的同意を与える行為。

シンガポールが租税条約を締結している相手国は以下の通りです。

https://www.iras.gov.sg/irashome/Quick-Links/International-Tax/

日本の財務省のウエブサイトでは、日本が租税条約を締結している相手国が記載されています。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/182.htm

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

6月22日(水) 14:00~17:00 (受付13:30~)

ASEAN各国の子会社管理および日本の労働法セミナー【東京のセミナーを静岡でライブ中継!】

http://toma.co.jp/seminar/h280622-2/

 

7月12日(火)

日本時間15:00~17:00 (受付14:30~)

シンガポール時間14:00~16:00 (受付13:40~)

わかりやすい国際相続と節税セミナー【ライブ中継で東京・シンガポール同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280712/

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る