投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール 所得税の納税方法 How to pay individual income tax in Singapore 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は、よくご質問をいただくシンガポールの申告所得税の納税方法について、シンガポールのケースを取り上げます。

 

【納税方法一覧】

シンガポール税務当局(IRAS)のWebsiteによると、下記の納税方法が示されています。

1 GIRO(銀行口座からの自動引き落としシステム)

2 Electronic Payment Modes(電子支払)

3 Credit Card(クレジットカード払い)

4 Telegraphic Transfer(電信送金)

 

【1 GIROによる支払い】

GIROとは、主にヨーロッパで呼ばれている名称で、支払人の銀行口座から受取人の銀行口座への資金移動システムをいいます。日本で言う自動引き落としに相当します。

一度支払人がGIRO設定をすれば、毎年自動的に税金が引き落とされますし、税金の還付金もGIRO設定している口座へ自動的に振り込まれます。また、税金支払いのためのGIRO設定支払いは手数料がかかりません。

シンガポール税務当局は、GIROによる支払いを推奨していています。また、現状、一部の税金の支払いは原則電子申告+GIROによる支払いのみの受付となっています。

筆者もGIRO設定して税金や水道光熱費を支払っていますが、とても便利ですし、GIRO設定のために銀行に出向く必要もありません。インターネットバンキングで設定できるものもあります。

設定方法の詳細については、弊社もしくはシンガポールの会計事務所へお問い合わせください。

 

【2 Electronic Payment Modes(電子支払)】

電子支払いの方法の代表例は下記のとおりです。

・インターネットバンキング

・AXS

・SAM

このうち、インターネットバンキングは銀行口座開設時より申し込むことができます。とても便利ですが、支払いの都度振込み手続きが必要となるため、GIROと比較すると利便性は下がります。

AXSとSAMはシンガポール固有の支払い方法で、街に設置している専用端末で支払いを行います。

AXSは税金の支払いのほか、電話料金や水道光熱費などさまざまな代金決済ができる端末です。NETS機能がついているキャッシュカードと、税務署からの納税通知(税務当局から送付される所得税の請求書)をもっていれば、比較的簡単に使うことができます。しかし、この支払い方法には弱点があり、キャッシュカード引き落としの上限額を超える支払いはできません。この点、インターネットバンキングやGIROのほうが便利な支払手段といえます。

また、SAMもAXSと同様、切手の購入や公共料金の決済ができる端末をいい、街のいたるところに設置されています。基本的にはAXSとほぼ同じ方法で決済できますが、インターネットバンキングやGIROのほうが便利な支払手段だと思います。

 

【3 クレジットカード払い】

日本でも平成28年度の税制改正によりクレジット払いが認められるようになりましたが、シンガポールでもクレジットカード払いが認められています。

しかし、筆者はクレジットカード払いによる税金の納付をしたことがないことや、周りの日本人でも税金をクレジットで払っているという話をききません。

 

【4 Telegraphic Transfer(電信送金)】

これは、海外からの納税もしくは、上記の方法で支払いができなかった方だけに認められている方法です。

 

【番外編:Cheque(小切手)による支払い】

シンガポールでは、小切手を振り出して決済するケースが多く見られ、税金の支払いもChequeを使って支払いケースを多く見ます。

しかし、直近の状況をみると、IRASの個人所得税支払いのWebsiteでは小切手にについて記載が無かったり、税務当局から送られてくる税金の請求書(Notice of Assessment)にChequeによる支払い方法が記載されていないケースがあります。

私見ですが、シンガポール税務当局としては、GIROによる支払いを推進したいため、わざとChequeによる支払いを案内しなくなったのではと推測しています。

どうしてもChequeで支払いたい方は、IRASへ問い合わせれば、支払いに応じていただけるのではないでしょうか。私見ですが、極力GIROによる支払いにしたほうが、手続きが楽だと思います。

 

【参考:シンガポール税務当局(IRAS)のウエブページ】

https://www.iras.gov.sg/irashome/Individuals/Foreigners/Paying-your-taxes-Claiming-refunds/How-to-Pay-Tax/

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide ? for Beginners ? 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

3月24日(金) 15:00~17:30

ミャンマー進出への留意点!セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290324/

 

3月27日(月) 15:30~17:30 

【シンガポール会場】平成29年度 日本の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/sin04/

 

4月12日(水) 15:00~17:00

平成29年度 法人の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290412/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより。

お問い合わせは、

https://toma.co.jp/contact/

まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る