投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール 会計制度 基礎情報 Overview of Singapore Accounting Standards 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回は、シンガポールの会計制度の概要を日本と比較しながら表にまとめてみました。シンガポールで勤務している筆者の私見も含んでいます。なんとなく把握していただければと思い作成しました。

ご不明な点がありましたら、TOMAシンガポール支店までお問い合わせください。

 

 

シンガポール

日本

会計基準

(=帳簿記入のルールおよび決算書作成のルール)

Financial Reporting

Standards (FRSs)

 

企業会計基準委員会が作成する基準

 

国際財務報告基準(IFRS)との整合性

非常に近似している

のれんの償却の扱いなどいくつか異なる箇所がある

決算書の表示

国際財務報告基準の決算書の開示と似ている

国際財務報告基準の決算書の開示と異なっている箇所がある。

会計基準に準拠した決算書を作成しているか

監査を受ける会社が多いため、会計基準に準拠した決算書を作成しようとしているケースが多い

監査を受けていない会社では、法人税法を意識した決算書を作成しているケースが多い

連結財務諸表の作成

子会社を有する会社の場合、連結財務諸表を作成しなければ、監査で指摘されてしまう

子会社を有する会社の場合であっても、監査を受けていない会社では、連結財務諸表を作成しないケースがほとんど

キャッシュ・フロー計算書

作成されていることが多い

監査を受けていない会社では作成されていないケースが多い

決算書の注記

充実している

監査を受けていない会社では注記されている情報は少ない

決算書の登記

(決算書の開示)

私的免除会社(個人株主のみから構成される会社で株主が20名以下の会社)や休眠会社をのぞき、登記局で開示される

登記局では開示されない、

なお、上場企業を中心とする有価証券報告書提出会社では金融庁が運営しているEDINETというサイトで開示される

監査対象会社

原則、監査を受ける必要がある

ただし、下記の3つの要件のうち2つ以上を満たした場合は、監査義務が免除される

なお、下記の数値は当該シンガポールの会社を含む連結グループ全体の数値をもって判断する

 

1.1年間の売上高が10,000,000SGD以下であること

2.総資産額が10,000,000SGD以下であること

3.従業員数が

50名以下であること

 

一定規模の会社のみ監査義務が課されている

上場会社や資本金5億円以上の会社又は負債総額200億円以上の会社が主な対象

定時株主総会(決算書を承認をする株主総会のこと)の開催期限

決算日より6ヶ月以内

決算日より3ヶ月以内

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月30日より11月9日まで

海外進出企業様向け 個別相談会 S k y p e を使ったご相談も対応可能です。

http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf

 

2016年11月28日(月)15:00~17:00

海外取引に対する税務調査対策セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281128/

 

2016年12月13日(火)14:00~18:00

アメリカ進出企業・投資家様向け 個別相談会

http://toma.co.jp/pdf/20161213america_soudan.pdf

 

2016年12月17日(土) 10:00~12:00

【ロサンゼルス会場】Q&Aでやさしく解説 相続で得する人、損する人

http://toma.co.jp/seminar/la01/

 

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る