投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:インド

インドバンガロール-その2 India Bangalore Part 2 【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は前回に続きインドのバンガロールという都市についてご紹介します。

 

【進出企業の業種】

製造業とエンジニアニング及びIT系が進出しています。製造業は自動車・部品・家電・工作機械が核となっています。IT系は欧米系企業が以前から進出しているのですが、それら欧米系IT企業が欧米文化を持ちこんだことにより、バンガロールが他のインドの都市と異なる雰囲気になっているとも考えられます。

バンガロールへ進出した日系企業は2014年10月現在、308社です。

最近のトピックとして、ホテル業や病院の進出もあり、特にサクラ・ワールド・ホスピタルというクリニック(セコム医療システム・豊田通商・インド財閥のキルロスカ・グループの合弁で運営)はインドの方のみならず日本人にも好評な病院だそうです。あくまでも基本はインド人を対象としており、別途日本人対応デスクを設けて日本人にも対応するスタンスを取っています。

 

【言語】

ビジネスは英語とのことです。また、街を歩いていても皆さん英語を話します。看板も英語が多いです。英語に対応できればなんら問題はないと感じました。

私見ですが、発音が独特で聞きなれるまでには時間がかかるかもしれません。何回も聞きなおしたケースもありました。私の英語力不足かもしれませんが。

 

 

【人件費】

現時点で、新卒者で月20,000ルピー(40,000円)、3年目ぐらいの方で30,000ルピー(60,000円)が相場です。あと、ボーナスを年収の15%程度の割合で支給しています。気をつけたいのは、インフレ率高いので、毎年人件費が10%近く上昇することです。この点は他の経済発展中の国と変わらない印象を持ちました。

インドにも公認会計士(Chartered Accountant。以下、CA。英国の勅許会計士協会ACAにより認められた会計士)がおり、バンガロールで彼らを雇う場合の相場を調べたところ、100,000~150,000ルピー(200,000円~300,000円)となっていました。

 

【次回以降に続きます】

「その3」に続きます。お楽しみに。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る