投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:インド

インドバンガロール-その3 India Bangalore Part 3 【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は前回に続きインドのバンガロールという都市について記載します。

 

【労働者】

人材の確保が困難なケースは少なく、強いて言えば溶接工が足りないそうです。溶接工が足りないといわれているのは、溶接工の方の数はいるが、求めているスキルをもっている方が少ないためです。インドにも日本の高専の位置づけの学校があるのですが、供給が需要に追いついていません。新たな製造業が進出し、より高い給料で募集すると転職をする労働者が多いそうで、スキルを持った人材は取り合いになっているとの話を聞きました。

それでもメーカーの離職率は3%程度、コンサルやIT系企業の離職率は17%程度、労働時間も日本と似ていて、メーカーは基本定時でおわり、コンサルやIT系は一日12時間程度働いています。なお、IT系の企業は会社内にジムや食堂などがあり、休憩中にジムで体を動かしていたりしているのかもしれません。

女性の労働時間については近年暴行事件が起きたため、夜10時以降は働くことが出来ないルールに改正されたとの話を聞きました。

 

 

【事務所家賃】

中心地で1スクエアフィート90から150ルピー(1スクエアフィート=約0.09㎡、1㎡1,000ルピーから1,666ルピー、日本円で1㎡2,000円から3,332円)程度とのことです。インフレ率が高いので毎年10%程度賃料が上昇します。

 

【住居家賃】

ワールドトレードセンター付近の家族で住む部屋で53,000ルピー(106,000円)ですが、契約時期などによって同じ物件でも金額にバラつきがあるのが特徴です。また、契約期間もまちまちですが、2年程度ですと敷金を10ヶ月要求されるケースもある(オーナーとしては金利が高いので敷金を運用して儲けている)と聞きました。日本人が相手となると金額を吹っかけてくるオーナーが多いようなので、相見積もりをとるなど気をつけたほうがよさそうです。なお、インフレ率が高いので事務所家賃と同様、毎年10%程度賃料が上昇します。

 

【政治】

2012年に政権が交代しましたが、その前もその後も経済に悪影響を及ぼすことはなかったそうです。

 

【次回以降に続きます】

続きは次回以降に記載をさせていただきます。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る