投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

こっそり確認したい!法律会計英語用語 その4(Dormant Company, Accountant, CA, FAQ, Treasury shares) 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

英語を使ってビジネスすることに慣れていない方向けに、よく出てくる法律や会計の英語の用語を説明していきたいと思います。

いまさら同僚に聞くことが出来ないことってないですか?そんな用語を中心に取り上げていきたいと思います。

 

【Dormant Company】

休眠会社のことを指します。シンガポールでは、事業活動をおこなわない場合解散・清算をするのが原則ですが、休眠をする会社もあります。

 

【Accountant】

経理職員をさすケースが多いと思います。なお、税理士や会計士などもAccountantという場合もあります。経理職にかかわる人はAccountantと呼ばれるのでしょうか。

 

なお、マスコミでAIが導入されると無くなってしまう職業のひとつに会計士や税理士を取り上げている記事があります。

私見ですが、Accountantの日本語訳がうまくできていないのかもしれません。経理の事務職員であればAIに代替され仕事がなくなってしまう可能性がありますが、税務や会計の専門職であるAccountantであれば、直ちに無くなるという気がしません(電子処理がすすんでいるエストニアでも会計事務所は依然として存在するため)。

日本の公認会計士は監査業務に従事する方が多いので、Auditorと説明したほうが、意味合いが通じやすいように思います。

 

【CA】

Chartered Accountantの略として使われることがあります。主にイギリスで用いられ公認会計士を指します。

日本でCAというと、航空会社のキャビンアテンダントをイメージする方やアメリカのカルフォルニアいますが、ここでは会計の資格の話をします。

シンガポールの公認会計士も現在はChartered Accountantと呼ばれます。なお、アメリカや日本の公認会計士はCertified Public accountantと呼ばれます。

 

【FAQ】

Frequently Asked Questions、よくある質問という意味です。よくFAQと省略して使われますが、すぐに意味が飲み込めない方もいらっしゃるような気がします。英語はよく省略されますが、フルで記載していただいたほうがわかりやすいですね。

 

【Treasury shares】

自己株式のことです。昔日本で金庫株とよばれていたことがありますが、Treasuryというのもそのような意味合いがあるのかなと思います。

 

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

2016年11月28日(月)15:00~17:00

海外取引に対する税務調査対策セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281128/

 

2016年12月13日(火)14:00~18:00

アメリカ進出企業・投資家様向け 個別相談会

http://toma.co.jp/pdf/20161213america_soudan.pdf

 

 

2016年12月17日(土) 10:00~12:00

【ロサンゼルス会場】Q&Aでやさしく解説 相続で得する人、損する人

http://toma.co.jp/seminar/la01/

 

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る