投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

IT活用・業務改善ブログ:マンスリーコラム

IT経営のススメ ~移動年計の使い方~


◆移動年計とはどんな手法?

 決算は通常年1回です。月次、四半期、中間決算を行うケースもありますが、1年未満を対象としています。1年間のうちでも「業績がいい月」と「業績が悪い月」が存在しますが、こうした数値変動の傾向を捉える手法として、移動年計があります。03 

◆移動年計は月毎でも集計できる

 移動年計を月毎に集計すれば、会社の数値異変の早期発見に繋がります。早めに気付くことで有効手段を考える時間ができます。通常の決算では、1年に1回健康診断を行っているようなものですが、移動年計を月毎に行えば、毎月健康診断を行うことになります。

◆移動年計のオススメの使い方

 移動年計を作成するには、最低でも2年分の数値が必要です。売上高の他、粗利、固定費、経常利益でも移動年計を作成することが出来ます。また、取引先別売上や、担当者別売上、商品別売上などで移動年計を見ることも有効です。特に担当者別売上は、常に過去12ヶ月で評価できますので、決算月が近くなり、目標を達成したことで気を抜きがちな担当者への刺激になります。04

 昨今の経理は日々の仕訳の記帳だけでなく、業績予測や分析など高度な作業が要求される時代へと変化しています。TOMAでは、中小企業を中心に経理社員を指導して合理化してきた実績がありますので、一度ご相談ください。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る