投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

行政書士業務ブログ:M&A・組織再編と営業許認可

株式交換・株式譲渡と建設業許可~株式交換や株式譲渡をする場合、建設業許可はどうなるのか?~


株式交換や株式譲渡をする場合、建設業許可はどうなるのか?

建設業許可を持っている会社が、株式交換や株式移転によってその株主に変更が生じる場合、建設業許可はどうなるでしょうか。

 

<Q&A>

Q:X社は建設業許可をもっています。

X社はY社と株式交換をすることを検討しています。

それにより、X社の株主がY社になります。

建設業許可に何か影響はあるでしょうか。

 

A:株式交換によってもX社の事業にはなんら影響はありません。建設業許可にも影響はありません。

株主の情報を記載する「株主調書」の記載事項がかわりますので、更新時に注意しましょう。 

 

<Q&A>

Q:X社は建設業許可をもっています。

X社の株主Vは、X社株式をWに譲渡することを検討しています。

建設業許可に何か影響はあるでしょうか。

 

A:株式譲渡によってもX社の事業にはなんら影響はありません。建設業許可にも影響はありません。
株主の情報を記載する「株主調書」の記載事項がかわりますので、更新時に注意しましょう。

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る