投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

行政書士業務ブログ:事業承継時のポイント

事業承継の準備と基礎知識~事業承継前に行うこと~


近年、経営者の後継者不足で悩んでいる会社を多く見かけます。事業を次の代に承継するにあたり、現社長の子供や親戚に承継する場合、社内の第三者に承継する場合、M&Aで他社に経営を譲る場合があります。

 

どのような形で行うにしても、事業承継はある程度時間をかけて計画的に行うことが重要です。その過程で検討しなければならない事項は、企業によって異なるため一概には言えませんが、事業承継の準備に必要な期間は5年~10年かかることも珍しくはありません。

 

 しかし、事業承継をこれから検討する方、検討を始めた方については、何から決めたらいいのかが分からず、戸惑っている方もいらっしゃいます。

 ここでは、事業承継の前に、まずどんなことから検討したらいいのかなど、事業承継に必要な基礎知識についてご紹介します。

 

1.事業承継における株主の構成と種類株式の活用

 株式と株主

 株主の構成を検討するポイント

 種類株式の活用

 種類株式導入の手続き

 属人株の活用

 属人株導入の手続き

 種類株式・属人株の検討

 

2.事業承継における役員の構成と取締役の選定

 役員の構成について

 取締役の構成と取締役会

 代表取締役、役付取締役の選定

 社外取締役と責任限定規定の選定

 

3.事業承継における知的資産経営引き継ぎのポイント

知的資産経営とは

 知的資産経営報告書

 事業引継ぎノート


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る