投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:マンスリーコラム

集客効果が高い看板の役割と作成のポイント


 インターネットを活用して自社を宣伝するネット広告が浸透しています。その一方で、ネット広告に注力する余り、リアル店舗にとって一番身近な広告媒体「お店の看板」がおろそかになっている場合があります。そこで今回は、集客アップに繋がる看板の役割と作成のポイントを、居酒屋の事例を用いてご紹介します。

◆看板の重要な役割とは? 看板で何を伝えるべきか?

 看板の重要な役割として以下の3 つが挙げられます。
(1)店舗エリアの見込み客にお店の「存在を知らせる」役割
(2)お店の「魅力を直接伝える」役割
(3)お客様を「お店まで誘導する」役割
 この3 つの役割に加え、看板ではお客様が求める情報を伝え、お店を選んでいただく動機付けを行うことが必要です。では、その動機付けをどのように行うか? それは「店舗の強み」を具体的に打ち出すことです。そして、その「店舗の強み」は、スタッフ間でもしっかりと共有され、強みに基づいた接客ができている必要があります。

◆看板が備えておくべきポイント

(1) 進行方向に対して直角で、7 秒(10m)手前から発見できること
(2) 店の名前より、業種(例:居酒屋)がすぐに判別できること
(3)色彩や写真を使って店のコンセプトが具体的に伝わること
(4)情報が整理されていて伝わりやすいこと
(5)矢印など店内まで誘導するアクションサインがあること
 これらのポイントを踏まえたシンプルな看板例がこちらです。

コンサル2

 

 

 

 

 

 

 

 居酒屋業界は競合が増加しており、提供サービスや消費者ニーズが多様化しています。そのため、効率的な集客にはお客様の利用目的を明確に把握し、その目的を満たす看板を設置することが重要です。TOMAでは業種、業界の特性や顧客の属性を分析し集客アップに繋がる貴社の強みを見つけるお手伝いをしています。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る