投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:マンスリーコラム

居酒屋不況の中、成長を続ける新たなビジネスモデル


 日本フードサービス協会が発表した2017年10月度の調査結果によると、居酒屋業態の前年比の売上高は94.5%と大きく低迷しています。近年、居酒屋業界はコンビニ、ファミレス、ファーストフードなどの同業種との競合による低価格競争激化や家飲み、ファミ飲み(ファミレス飲み)などの市場ニーズの変化の影響で収益額も店舗数も減少傾向にあります。しかし、そんな状況の中、成長を続けている居酒屋チェーンがあります。株式会社セクションエイトのプロデュースする婚活応援酒場「相席屋」です。

◆異性との出会いを提供する婚活応援酒場「相席屋」

 婚活応援酒場「相席屋」は、初対面で異性のお客様同士を同じテーブルに相席させることで出会いの場を提供する居酒屋です。居酒屋業態でありながらも、異性との出会いを求める若者のニーズを汲み取り、安心な出会いを提供することで若者の支持を得ています。
 居酒屋で出会いの場を提供するというコンセプトを達成するため、女性は無料で食べ飲み放題ができるという、とても特徴的な料金体系を導入しています。これにより、多くの女性客が来店し、異性との出会いを目的とした男性顧客が自然と来店するという仕組みになっているわけです。婚活応援酒場「相席屋」は、2014年3月にオープンし、2017年3月の時点で70店舗以上を展開しています。

◆既存の居酒屋との差別化に成功

 婚活応援酒場「相席屋」は、従来の「値段・お酒・料理」を売りとする居酒屋とは異なり、「男女の出会いの場」の提供を売りとしています。
 これまで居酒屋に通う一部の人々が、二次的に心の中で抱いていた「異性と出会いたい」というニーズの充足を正面に据えることで、他の居酒屋との差別化に成功しました。恋人は欲しいが出会いがない、また異性に話しかけるきっかけがなく接点を作ることができないといったような人々のニーズに応えることで成長してきました。

◆求められているニーズを提供するのが経営

 会社の収益を増加させるためには、従来のビジネスを提供し続けるだけでなく、世の中に求められている真のニーズを見つけだすことが求められます。それを新たな商品・サービスとして提供することで会社は成長します。TOMAコンサル部では貴社の商品・サービスの真のニーズを探すお手伝いをさせていただきます。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る