投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:資金調達

「担保に依存」した融資から「事業性を評価」した融資へ!


 最近、「事業性評価による融資」という言葉を耳にしませんか? この「事業性評価による融資」とは金融機関が融資を行う際、従来の担保や保証に依存した融資を改め、取引先企業の事業内容や成長可能性などに着目・評価して融資を行うことです。

 「事業性評価による融資」が行われるようになった背景

 平成26年6月に日本再興戦略が閣議決定され、地域金融機関に対して「経営改善や事業再生・事業転換等の支援、新たな産業の振興や成長性のある企業育成に向け、コンサルティング機能の発揮やリスクマネーの供給に積極的に取り組むことを求める」という文章が盛り込まれました。
 また金融庁行政方針でも金融機関に対して「担保・保証に依存する融資姿勢を改め、取引先企業の事業内容や成長可能性等を適切に評価(事業評価)し、融資や本業支援等を通じて、地域産業・企業の生産性向上や円滑な新陳代謝の促進を図り、地方創生に貢献すること」を求めました。
 つまり国は、地域金融機関に対して従来の担保に依存した融資を改めて、取引先企業の事業性を評価した上で融資を実行することで、地域経済の活性化、地方創生の貢献を求めています。

地域金融機関は「事業性評価による融資」に積極的か?

 ところで地域金融機関は、この「事業性評価」についてどう取り組んでいるのでしょうか?金融庁は平成28年9月に金融機関に対し「金融仲介機能のベンチマーク」という指標を策定しました。このベンチマークは、金融機関が金融仲介の取組みを自己評価する際に使用するものです。ベンチマークを取り入れている金融機関は、「事業性評価」について前向きと判断できますが、残念ながらベンチマークを取り入れている金融機関は少数です。しかしいずれ事業性を評価した融資体制に移行していくと思われます。

 「事業性評価」はどのようにやるのか? 

 中小企業基盤整備機構の「事業価値を高める経営レポート」が参考になります。また経済産業省の「ローカルベンチマーク」は、金融機関と取引企業が同じ目線で事業性評価が出来る定量的なツールとなっています。

 これから決算を終えて金融機関に決算説明を行う会社も多いかと思います。この機会に「自社の事業性」を確認・評価し金融機関に説明してみては如何でしょうか。TOMAでも事業性を評価するレポートを作成しております。お気軽にご相談ください。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る