投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:資金調達

3年間固定資産税が半減する「経営力向上計画」


 中小企業等経営強化法とは?

平成28年7月1日に「中小企業等経営強化法」が施行されました。趣旨は、事業所管大臣が事業分野ごとに指針を策定し、事業者がその指針に基づいて経営強化を図る取組を支援するというものです。

 経営力向上計画の認定・支援措置について

事業者が自社の経営力を向上させる取組内容(人材育成、設備投資等)を記載した「経営力向上計画」を作成し、申請をします。認定を受けた事業者は、機械及び装置の固定資産税の軽減(3年間の半減)や、金融支援(低利融資、債務保証等)の特例を受ける事ができます。

 簡素化された手続き

申請に必要な書類は2枚程度です。また申請は郵送で可能で非常に簡素化されています。雛形はワード形式で経済産業省のHPからダウンロードできます。

従来の補助金等は、事前準備が煩雑でしたが、経営力向上計画の認定は比較的容易であり、また認定を取得することで前回ご案内をしました「ものづくり補助金」の審査加点となります。

近い将来に設備投資等を行うのであるならが、固定資産税の半減を狙う意味で今回の補助金を考えてみてはいかがでしょうか?
また「経営力向上計画」を作成することで「自社の将来の姿」も見えてくると思います。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る