投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ

シナリオを作るために考えること(1)


企業を永続的に発展させるため、自社の未来をイメージした経営戦略シナリオを作成してみませんか。
シナリオを作るために考えることは…

・企業にとって未来の外部か何強は主にどのような特徴があるのか。
・企業に機会をもたらす主要なものはをなにか。
・経営者としてどのような成果を残したいと考えているか。
・経営者として現状の主要な意思決定事項は何か。
・企業が現在備えている強みや資源で、これから成功をもたらす可能性があるものは何か。
・望ましい未来を実現させるうえで障害となるものはなにか。
・過去の大きな成果のうちで企業が機会に対応できたものはなにか。
・過去から学ぶ重要な教訓は何か(成功でも失敗でも)。

企業の内的なことに考えの主軸を置くのではなく、企業の外に主軸を置いて考えることが必要です。
具体的には、人口動態や技術開発や日本の経済成長や法改正、気候や政治がどう変わっていくのかなど、企業を取り巻く環境について仮説を立てていきます。

上記のような外的な環境について考えた上で、自社がどう未来を歩んでいくのかを考えます。

・自社の将来こうありたいという姿、あるべき姿はなにか。
・現状はどのような姿になっているのか、また、どうしてそこに至ったのか。
・現状から将来のあるべき姿にどのようにして到達していくのか。
・その際に障害となることは何か(自社の資源において)。
・上記4点を考える上でわからないことや知らないことは何か。

これらのことをまとめていきます。

まとめていく上で過去にとらわれずに進めていくことが重要です。人間は、どうしても過去の成功体験や失敗体験に引っ張られます。不確実な未来に向かって企業を成功に導いていくためには、可能性を最大限に広げて歩んでいくことが重要です。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る