投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

TOMA弁護士法人 弁護士前岨博とその弟子ブログ:マンスリーコラム

ウルトラ一族の相続はどうなる??


 突然ですが、ウルトラマンの家系図はどうなっているかご存じですか?
 ある世代の方々には「ウルトラ6兄弟」という言葉がおなじみかも知れませんが、ウルトラの父とウルトラの母の実子はウルトラマンタロウだけで(色々な設定があるようですが)、「6兄弟」というのは「兄弟の契りを結んだ」という意味のようです。
 そのため、もしウルトラの父が亡くなった場合、日本の民法によれば、相続人はウルトラの母とウルトラマンタロウだけです。

◆法定相続人とは

 誰が相続人になるのかは、民法に定めがあり、配偶者は常に相続人になります。次に家系図の下(子ども)がいるか、いないかを見ます。子どもがいない場合は上(尊属)に。祖父母がいない場合、今度は横(兄弟姉妹)にいきます。なお、子どもが相続開始前に亡くなっていたという場合は、孫が相続人となります。
 子や孫を「第一順位」の相続人といいます。祖父母は「第二順位」、兄弟姉妹は「第三順位」となっています。法定相続人は、当事者が任意に変更することはできません。
 相続が発生すると、まず相続人の範囲を確定する必要がありますが、複雑な家族関係の場合、戸籍謄本を取り寄せる所からスタートします。戸籍謄本を取り寄せてみたら、実は隠し子が…というケースも実際にあります。また、長期間にわたって相続の話し合い(「遺産分割協議」といいます)が未了のまま、相続財産が放置されていたケースでは、役所に戸籍謄本が残っておらず、相続人の確定が困難ということもありました。

◆法定相続分とは

 それぞれの相続人には、法律で取り分が定められています。これを「法定相続分」といいます。
 配偶者と子が相続人の場合は、それぞれ2分の1。ウルトラの母2分の1、タロウ2分の1です。配偶者と直系尊属が相続人の場合は、配偶者3分の2、直系尊属3分の1。配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1です。
 法定相続分というのは、法律で定められた基準ですので、法定相続分とは異なった分割もできます。被相続人(ウルトラの父)が法定相続分とは異なる分配を指定する方法が、遺言です。そして、相続人側が法定相続分や遺言と異なる分配をする方法が、前述の遺産分割協議です。
 ウルトラ一族が相続でもめたら、ちょっと怖いかもしれませんね。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る