投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

When the stamp duty must be paid?


Question: What kind of documents require documentary stamps in Japan?

Answer: According to Stamp Duty Act, there are 20 types of document which require documentary stamps to be affixed.

  When the document is prepared to show the “taxable subject” provided in Stamp Duty Act, specific amount of stamp must be affixed.  There are 20 taxable subjects, such as sales contract of real property, loan agreement, service contract, promissory note, receipt slip, etc. The amount of stamp depends on the type of document and stated amount in it. For some documents, there are threshold of taxable amount.

  Every original copy and duplicate, not photocopy, requires stamp, while it is exempt from duty if the document is issued electronically, without printing.  When the contract is made with foreigner or foreign entity, you can save the stamp duty as long as the document is completed with the final signature by the foreign counterpart, although it may be taxable abroad instead.

  Judgement of taxable documents and taxable amount is very complicated. Sometimes National Tax Authority carry out an investigation of stamp duty separately, the officer makes a thorough search of the file of contracts and agreements. If there are missing stamps, taxpayer must pay three times of original duty as penalty.

  For more detail, please feel free to contact TOMA Consultants Group.

                TOMA Consultants Group English Site      ⇒  http://toma.co.jp/en/

印紙税はどんな時に払うの?

Question: 日本ではどのような書類について印紙が求められますか?

Answer: 印紙税法により、印紙貼付が必要なものとして20種類の課税文書が定められています。

 印紙税法で定められた課税事項を証明する文書を作成した場合、一定の印紙を添付する必要があります。課税事項は20種類あり、例えば、不動産の売買契約書、金銭消費貸借契約書、請負契約書、約束手形、領収書等が挙げられます。印紙の金額は文書の種類と契約書の記載金額によって決まります。一定額に満たなければ貼付不要なものもあります。

契約書本紙や写し(コピーを除く)にはすべて印紙を貼付しなければならない一方、印刷せず電子的に発行されたものであれば課税されません。また、外国人や外国法人と契約する場合、契約書の最終署名が海外の相手方によって行われるのであれば、印紙税を免れることができます。ただし、相手の国で課税されるかもしれませんのでご注意下さい。

 課税文書に該当するかどうか、および課税金額の判定は、とても複雑なケースがあります。税務署は印紙税単独でも調査を行い、契約書等のファイルを片端からチェックします。もし貼付もれがあれば、その印紙の3倍の金額がペナルティーとなります。

 詳細については、TOMAコンサルタンツグループまでお気軽にご相談下さい。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る