投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

What kind of taxes should a foreign company operating in Japan pay?


Question: What kind of taxes should a foreign company operating in Japan pay?

Answer: Corporations, both domestic and foreign, are subject to corporate tax(national tax) and inhabitant tax and enterprise tax(local taxes) on their income in Japan.

The total effective tax rate is approximately 30% on corporate income.

The details are as follows.

National tax

(1) Corporate tax is composed of national corporate tax and local corporate tax and imposed on corporate income for the fiscal year. Local corporate tax has been applied from the corporation’s fiscal year begining after October 1, 2014. The local corporate tax is equivalent to 4.4% of the national corporate tax. The total  corporate tax rate is approximately 24%.

Local tax

Inhabitant taxes and enterprize tax are determined by the local governments, and there is not much different in the tax rate across Japan.

(1)While inhabitant tax is computed depending on profits but corporations earned no profits also should pay  certain amount of tax based on their capitals and the number of employees. For example, a corporation located in Tokyo with capital of 10 million yen and the number of employees less than 50 should pay 70,000 yen every fiscal year.

(2) Enterprise tax is composed of taxation on per income and local corporate special tax. Both taxes are computed based on profits. However there is another taxation called Taxation of Corporation by the size of their business that is levied on corporations with capital of 100 million yen and over based on capital and other value added items such as wages, interests and rentals aside from profits. Local special corporate tax will be terminated on October 1st, 2019.

Therefore, the total tax rate mentioned above totaled approximately 30%; however, it would be subject to change depending on the capital, the number of offices, and so on.

If you have any questions and clarifications, please feel free to contact us.

 

 

日本では法人はどのような税金を払わないといけないのですか?

Question: 日本では法人はどのような税金を払わないといけないのですか?

Answer:  日本においては内国法人、外国法人とも、法人の所得に対して国税である法人税、地方税である法人住民税及び事業税が課税されます。

現在の実効税率は、これらすべての合計で約30%となっています。

詳細については下記の通りです。

<国税>

法人税は、法人税と地方法人税から成っています。地方法人税は2014年から導入されたもので、法人税額の4.4%相当額です。合計で約24%程度の税率となります。

<地方税>

住民税と事業税は地方自治体によって決定されますが、税率については国内のどの地域においても大きい差はありません。

法人は、特別区の制度によって両方とも一緒に東京都に申告するケースを除き、住民税の申告を県と市に対してそれぞれ行わなければなりません。ただし、東京都の特別区のみ、両者を一括して都に申告します。

法人住民税は、所得に対して課される税金(法人税割)以外に、資本金及び従業員の数を基準として、所得が発生しなくても支払わなくてはいけない税金(均等割)があります。例えば、東京都で資本金1000万円、従業員数50人以下の場合には均等割は7万円になります。

法人事業税は、所得に対して課される税金(所得割及び地方法人特別税)以外に、資本金が1億円超の法人については所得が発生していなくても資本金や人件費等を基準として課される税金(外形標準課税)があるので注意が必要です。

なお、地方法人特別税については2019年10月で廃止の予定です。

上記のすべてを含む実効税率は30%となりますが、実際の実効税率については事務所の数や資本金等で変わる場合も多いので、これから進出をお考えの方は試算をしてみることをお勧めいたします。

また、ご不明点がございましたら、お気軽にTOMAコンサルタンツグループへお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る