投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

Statutory audit


Question: All corporations are subject to audit in Japan?

Answer: Not all corporations. Companies Act requires that certain corporations must be audited every fiscal year.

  According to Companies Act, the large-scale kabushiki-kaisha (KK), that has capital of JPY 500 million or more, or liability of JPY 20 billion or more, is responsible for statutory audit by CPA or audit corporation.

 Other than the case above, the company has to be audited as long as it establishes an audit committee or a nominating committee. If the company voluntarily establishes an accounting auditor, it is also subject to audit.

  Regarding disclosure of financial statement, Companies Act provides that any companies shall give publicity to the financial results. It is popular for the Japanese companies to make an announcement on the government gazette, newspapers or company website, although it seems that small and medium-sized companies often disregard the rule.  

For more detail, please feel free to contact TOMA Consultants Group.

 

          TOMA Consultants Group English Site        http://toma.co.jp/en/

 

監査の義務

Question: 日本ではすべての会社が監査を受けなければなりませんか?

Answer: すべてではありません。会社法では、一定の会社について毎年監査が必要であるとされています。

 会社法は、大会社、すなわち5億円以上の資本金または200億円以上の負債を有する株式会社について、会計士や監査法人による監査を義務付けています。

 上記以外に、監査等委員会設置会社や指名委員会等設置会社についても監査が必要です。また、任意で会計監査人を設置している会社も同様です。

 決算公告に関しては、会社法はすべての会社に対して開示するよう求めています。日本では官報や新聞、会社のウェブサイト等で公告するのが一般的ですが、中小企業の場合、法律に従っていないケースが散見されます。

 詳細についてはTOMAコンサルタンツグループにお問い合わせ下さい。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る