投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

Significant changes on Consumption Tax


Question: Can you explain about recent revision on the Consumption Tax Law?

Answer: Since October 1st, 2015, the treatment of Consumption Tax (C-tax) on international electronic services has been changed drastically.  Electronic services provided by foreign companies to Japanese customers are now subject to Japanese C-tax.

  Originally, the services provided internationally by foreign companies had been exempt from Japanese C-tax as the transactions were regarded to be made outside Japan. For Japanese e-commerce enterprises, however, it was unfair that their sales was regarded as domestic transaction which should be subject to C-tax, although same kind of sales by foreign enterprises should be exempt.  C-tax Law has been amended to correct such unfairness.

  “Electronic Services” provided by C-tax Law covers for instance the following transactions;

  • Provision of e-books, digital newspapers, music, videos, and software via internet
  • Services that provide customers with storage space to save their electronic data in the cloud
  • Distribution of advertisements via internet
  • English lessons provided via internet, etc.

  The revised tax law provides that taxation on international services via internet depends on the country where the customer is located, regardless of the place where the provider is. For example, when a person living in Japan buys e-book via website operated by US company, the sales transaction should be subject to Japanese C-tax.

  What should the US company do in this case? Do they have to file C-tax return in Japan? — Please see the next blog for the answer!

 

TOMA Consultants Group English Site      ⇒  http://toma.co.jp/en/

 


 

消費税改正

 

Question: 最近の消費税法の改正について教えてください。

Answer: 2015年10月1日より、国境を越えた電子的サービスに対する消費税の取扱いが大きく変わりました。外国法人が日本の顧客に対してこのようなサービスを行った場合、日本で消費税が課されるようになっています。

 従来、外国法人が国をまたぐ電子的サービスを提供した場合、その取引は日本国外で行われたものとして、日本の消費税の対象外となっていました。しかしながら、日本の業者にとっては、自分達の売上は国内取引として課税であるにもかかわらず、同様の売上の取引を行う外国法人には消費税が課されないことが不公平といえる状況であったため、これを解消するために消費税法の改正が行われました。

 消費税法で規定する「電子通信利用役務の提供」とは、具体的に次のようなものが該当します。

・インターネットを通じて行われる電子書籍・電子新聞・音楽・映像・ソフトウェアの配信

・顧客に、クラウド上で電子データの保存を行う場所を提供するサービス

・インターネットを通じた広告の配信・掲載

・インダーネットを介して行う英会話教室、など

 改正消費税法では、インターネットを通じた国際的なサービス提供については、事業者側でなく顧客がどこの国に所在するかによって課税関係が決定されます。例えば、米国法人が運営するウェブサイト上で日本在住の顧客が電子書籍を購入した場合、その米国法人の販売は日本の消費税の課税対象となります。

 このような場合、米国法人はどうすべきでしょうか?日本で消費税の申告を必要があるのでしょうか?・・・答えは、次回のブログをご覧ください!

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る