投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

How should B2C electronic services be treated?


Question: If a foreign business provides electronic services to consumers in Japan, is the business liable to file Consumption Tax (C-tax) return?

Answer: In principle, the foreign business who provides B2C (business-to-consumer) electronic services have to file C-tax return in Japan.

   As mentioned in our previous blog, the foreign business who provides B2B (business-to-business) electronic services don’t have to file C-tax return since “Reverse Charge Mechanism” basically requires customers to file the tax return instead of service providers.

   On the other hand, B2C electronic service providers are liable to file tax return, regardless of the actual recipients of the services, i.e. consumers or businesses, in principle. The foreign business without an office in Japan is required to designate a Tax Agent to deal with submission of tax return, notification documents and tax payment.

   From the viewpoint of the Japanese businesses receiving B2C electronic services from the foreign business, the purchase tax credit is not allowed for the time being, with a transitional measure. Therefore, even if the foreign business charges C-tax to customers for B2C electronic services, customers cannot claim the purchase tax credit when they file tax return.

  However, there is an exception that the purchase tax credit can be claimed if the foreign service provider is a registered foreign business. The registered foreign business must be a taxable business of C-tax who has an office in Japan or has a Tax Agent. The point is that National Tax Agency admit the purchase tax credit for recipient of only service provided by foreign businesses who declare their sales C-tax properly.

< Reference – Exemption threshold for business >

  In principle, a business with taxable sales not exceeding 10 million yen in the base period, i.e. the second preceding business year before the Taxable Period, is not required to file C-tax return.  For more detail, please feel free to contact TOMA Consultants Group.

TOMA Consultants Group English Site      ⇒  http://toma.co.jp/en/

 —————————————————————————————————————————————-

消費者向け電気通信利用役務の取扱いは?

Question: 日本の消費者向けに電気通信利用役務提供を行う国外事業者は、消費税の申告を行う義務がありますか?

Answer: 顧客向けの電気通信利用役務提供を行う国外事業者は、原則として消費税の申告をしなければなりません。

 前回のブログでご紹介したとおり、事業者向けの電気通信利用役務提供を行う国外事業者は、基本的に「リバースチャージ方式」により顧客側が事業者に代わって消費税の申告を行うことになっているので、自らは申告の必要がありません。

 一方、消費者向け電気通信利用役務提供を行う事業者は、実際のサービスの受け手が誰であるか、すなわち消費者か事業者かに関らず、原則として消費税の申告義務を負います。日本国内にオフィスのない国外事業者は、申告書や届出書の提出や納税について納税管理人を選定する必要があります。

  国内の事業者の立場からすると、国外事業者から顧客向けの電気通信役務提供を受けたとしても、経過措置により当分の間、仕入税額控除は認められません。従って、顧客向け電気通信役務提供において、もし国外事業者が顧客に消費税を請求してきたとしても、顧客側は自身の申告で仕入れ税額控除を受けることができません。

しかしながら、これには例外があり、その国外事業者が登録国外事業者であれば仕入税額控除が認められます。登録国外事業者は、日本に支店があるか納税管理人を選定しており、消費税の申告を行っていることが条件となります。要するに、国税庁は役務提供を行う側が売上にかかる消費税を適正に申告している場合にのみ、受け手側の仕入税額控除を認めるということです。

 <参考 – 事業者免税点制度 >

 原則として、その課税期間の基準期間、すなわち2期前における課税売上高が1千万円以下の事業者は、消費税の申告を行う必要がありません。詳細についてはTOMAコンサルタンツグループにお問い合わせ下さい。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る