投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

Japan Tax Guide - for Beginners -

Do you have Tax ID in Japan?


Question: Do the Japanese citizens and corporations have their own Tax ID?

Answer: The Social Security and Tax Number System (called “My Number System” in Japanese) has been provided from 2016. “My Number” is assigned to every resident and company registered in Japan, not only for tax purposes but also for other administrative services, such as social insurance.

  The Japanese government adopted the Social Security and Tax Number System in order to (1) improve administrative efficiency, (2) enhance public convenience and (3) realize a fairer and more just society.

  For individuals, the mayor of a municipality that has the person’s resident record notifies every resident of 12-digits My Number (the Individual Number).  You receive the notification as long as you have a resident record, regardless of your nationality.  The Individual Number is expected to be used for pensions, healthcare, care insurance, welfare, labor insurance, taxes, and others.  Since it should be highly confidential information, provision of Individual Numbers without a valid reason shall not be requested by anyone.

  For corporations, 13-digits Corporate Numbers are notified by National Tax Office. It is also assigned to the branches and representative offices of foreign corporations, if they have a duty to file the corporation tax return, consumption tax return or to withhold national taxes and local taxes, even if they are not registered at Legal Affairs Bureau.  Corporate Numbers are widely and generally disclosed on the website of National Tax Agency, so that both the public and private sectors are able to make various uses of them.

 For more detail, please feel free to contact TOMA Consultants Group.

  TOMA Consultants Group English Site      ⇒  http://toma.co.jp/en/

 

日本にTax ID(納税者番号)の制度はありますか?

Question: 日本では、個人や法人にTax IDは付与されていますか?

Answer: マイナンバー制度が2016年より導入されました。「マイナンバー」はすべての居住者および日本で登記された法人等に付与され、税務のみならず社会保障等さまざまな場面で活用されることになっています。

 日本政府はマイナンバー制度の目的として、(1)行政の効率化、(2)国民の利便性の向上、(3)公平・公正な社会の実現、の3点を掲げています。

 個人の場合、住民登録のある市町村長から12桁のマイナンバーが通知されます。国籍がどこであるかに関らず、住民登録がされていれば通知を受取ることになります。マイナンバーは年金、健康保険、介護保険、福祉、労働保険、税金等に関して活用されることになっています。マイナンバーは高度な個人情報であり、合法的な理由なく提供を求めることはできません。

 法人の場合、13桁の法人番号が税務署から通知されます。外国法人の支店や駐在員事務所で法務局に登記されていなくても、法人税や消費税の申告義務や、国税や地方税の源泉徴収義務がある場合には、法人番号が付与されます。法人番号は国税庁のHPで広く一般に公表されており、公的機関・民間ともに様々な用途で利用することができます。

 詳細については、TOMAコンサルタンツグループまでお気軽にご相談下さい。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る