投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

8時間勤務の場合の休憩時間は1日1時間与えなければならない?


Q:8時間勤務の場合の休憩時間は1日1時間与えなければならない?

 

A:休憩時間は、1日につき下記の基準にしたがって付与する必要があります。  実労働時間 6時間超: 45分  実労働時間 8時間超: 60分 6時間以下の労働の場合は、休憩がなくても構いません。また、8時間を超え、残業になったとしても、すでに60分の休憩が与えられていれば、改めて休憩を与える義務はありません。

 

休憩については、就業規則に必ず定めなければなりません。TOMAグループでは、就業規則の見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら↓

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る