投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

皆勤手当は、割増賃金の算定基礎として含めなければならない?


Q:皆勤手当は、割増賃金の算定基礎として含めなければならない?

 

A:割増賃金の算定基礎から除外できる手当は、次の7つです。  ①家族手当 ②通勤手当 ③別居手当 ④子女教育手当 ⑤住宅手当 ⑥臨時に支払われた手当 ⑦1か月を超える期間ごとに支払われる賃金 したがって、皆勤手当は割増賃金の算定基礎に含めなければなりません。

 

割増賃金の不払いにおけるトラブルは近年増加の一途を辿っています。思わぬ労使トラブルを防止するためにも、就業規則の見直しや規定の整備が必要です。TOMAグループでは、就業規則の作成や、見直しサービスを承っておりますので、お気軽にご用命ください。

 

詳しくはこちら↓

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る