投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結せず、残業命令すると罰則を受けることがある?


時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結せず、残業命令すると罰則を受けることがある?

 

A:36協定を締結していなくても、就業規則において時間外労働について規定していれば残業命令を出すことができます。しかし、36協定の締結がなく、法定の労働時間以上に働かせた場合は、労働基準法違反として6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金を受けることがあります。

 

36協定の締結、届出状況の確認や、就業規則の内容について定期的に見直すことは労務管理上、極めて重要です。TOMAグループでは就業規則見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る