投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

営業社員の成績に応じたインセンティブや歩合給は、割増賃金の算定基礎に含めなくてもよい?


Q:営業社員の成績に応じたインセンティブや歩合給は、割増賃金の算定基礎に含めなくてもよい?

 

A:割増賃金の算定基礎から除外できる手当は限定列挙のため、それ以外の手当であるインセンティブ・歩合給も算定基礎に含めます。計算方法は、下記の通りです。 (インセンティブ・歩合給/実労働時間)× 0.25 × 時間外労働時間

 

近年増加している未払い残業代をめぐるトラブルは、就業規則や賃金規程等に、誤った割増賃金の計算式を規定しているケースが多いことから、規定の内容を確認のうえ、必要に応じて内容を見直すことが重要です。

TOMAグループでは、就業規則見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る