投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

会社の許可なく残業した場合に、割増賃金の支給をしなければならない?


Q:会社の許可なく残業した場合に、割増賃金の支給をしなければならない?

 

A:会社に許可もなく残業した場合は、原則として割増賃金を支給する必要はありません。 但し、残業を明確に命じていなくても、例えば残業しなければ到底終わることのできない仕事を与えていたり、残業しないと嫌味を言われたり、不利益な扱いをされるなど、黙示の命令があると判断されれば、たとえ自主的に残業した場合でも、時間外労働にあたります。

 

残業の必要性が生じた場合は、事前申請を行い、上長が承認した場合のみ認めるといった対応を行うなど、時間外労働を行う場合のルールを明確にすることで、思わぬトラブルを回避することにつながります。TOMAグループでは、未払い残業代対策や残業時間削減のコンサルティングサービスを承っております。ご興味がある方はお気軽にご用命ください。

 

詳しくはこちら↓

http://toma.co.jp/services/human/roumu-support/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る