投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

休職期間を満了しても復職できない場合、満了の30日前に予告する必要がある


Q:休職期間を満了しても復職できない場合、満了の30日前に予告する必要がある?

 

A:解雇予告が必要となるため、満了30日前に通知が必要です。 解雇予告ができない場合は、解雇予告手当の支払が必要になります。休職制度は、制度そのものが解雇猶予措置という位置付けになっているため、事実上の解雇予告をしているのと同じことになります。休職期間満了をもってしても復職できないのであれば、休職期間満了を解雇事由として規定せず、自然退職として扱うように就業規則に規定すれば、改めて解雇予告手当の支払いや解雇予告通知の必要はありません。

 

TOMAグループでは就業規則見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら↓

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る