投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

1日30分未満の残業時間を切り捨てているが、問題ないか?


Q:1日30分未満の残業時間を切り捨てているが、問題ないか?

 

A:残業時間は、たとえ1分であっても計算しなければなりません。したがって1日の残業時間に応じて残業代を支給する必要があります。ただし、給与計算処理の簡便化のため、1か月における時間外労働等の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、30分以上を1時間に切り上げるような端数処理は認められています。

 

TOMAグループでは、人事労務に精通したコンサルタントが、貴社の給与計算や労務管理について適格なアドバイスをさせて頂きます。

まずは、無料でお見積りを作成致しますので、下記URLよりお問い合わせください。

 

こちら↓

http://toma.co.jp/services/human/outsourcing


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る