投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

人事・労務ブログ:人事・労務Q&A

病気で働けなくなった社員に対して、休職は必ず与えなければならない?


Q:病気で働けなくなった社員に対して、休職は必ず与えなければならない?

 

A:休職制度は労働基準法で義務づけられているものではありません。就業規則において休職制度や休職制度適用範囲、休職期間などを自由に設計できます。 したがって、入社1年未満の社員を制度の適用除外とすることも可能です。 但し、優秀な新入社員まで適用除外とすることは得策ではないため、特別の事情がある場合は、入社したばかりでも認めるような運用規定を整備しておく方が良いでしょう。

 

TOMAグループでは、5月12日(木)14:00より、鉄壁就業規則作成セミナーを行います。受講者特典として、就業規則無料診断サービスも行っておりますので、ぜひご参加ください。

TOMAグループオリジナルの鉄壁就業規則と鉄壁雇用契約書で、労務トラブルを未然に防ぎましょう。

 

詳しくはこちら↓

http://toma.co.jp/seminar/h280512/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る