投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

病院・医院経営ブログ:お客様成功事例

訪問歯科診療のコンサルティング事業で成長を続ける秘訣とは


株式会社デンタルネット Vol.1(全4回予定)

日々進歩を続ける歯科診療の分野で、近年注目されている訪問歯科診療。その訪問歯科診療に、早くから着目し医療コンサルティング事業で業績をのばしている企業が「株式会社デンタルネット」です。

今回は「株式会社デンタルネット」の顧問税理士として財務管理をサポートするTOMAヘルスケア事業部の洞口宏規が、代表取締役 須崎康弘さんと、専務取締役 小椋啓史さんにお話をうかがいました。

より一層成長したいと考えたとき、TOMAに相談したいと思った

須崎代表:
当社は、医療コンサルティングを主に16年続く企業です。設立当初は、現医療法人社団立靖会の理事長である勝野靖司さんが代表をされていたのですが、後に私が引き継ぎ今日に至ります。引き継いだ当時の経営状況はとても苦しく、本当にお金がありませんでした。それから徐々に実績を重ねてきました。

小椋専務:
私が9年前に管理を任されたコンサルティング事業部も、当時は赤字続きでした。本当に赤字。「これはどうにかしなければ」と強く思い、就任1年で黒字回復しました。

洞口:
TOMAが担当させていただくようになったのは、2014年夏ごろからですので、既に1年半程が経ちました。その頃から業績は順調で、着実に成長されていると感じています。TOMAでは、私が担当させていただいている毎月の会計チェックなどの財務以外にも、他部門の専門家が労務や社会保険のアウトソーシングの面をワンストップでサポートさせていただいています。

須崎代表:
TOMAへの依頼は、随分前に藤間理事長の講演会に参加したことがきっかけでした。当社の業績が伸びていた2年前に「そろそろ、よりしっかりサポートいただける専門家に財務管理をお願いしたい」と考えていました。それで頭に浮かんだのが、医療関連サービスの経営や税務をコンサルティングする専門部署、TOMAヘルスケア事業部です。安心してお任せできると思い、相談しました。

洞口:
担当者としてお打合せしたときには、ほぼご契約くださる前提でのお打合せでした。


(記念撮影にて、右から小椋専務、須崎代表、TOMA洞口)

コンサルティング事業部の順調な業績アップで、安定した経営に

須崎代表:
設立時は、医療法人社団立靖会の歯科医院をサポートする会社でした。はじめ2箇所の歯科医院を担当することからスタートして、今では業務内容や担当する歯科医院が増えましたし、外部の歯科医院へのコンサルティングも多数のご依頼を頂いています。正直、こんなに大きな会社になるとは予想していませんでした。

小椋専務:
外部の歯科医院へのコンサルティングが増えたことで、業績は変わってきたと思います。最近では、全体の売り上げの3分の1を外部の歯科医院へのコンサルティングが占めています。また、事業所も東京をはじめ全国12箇所に展開しています。

洞口:
担当させていただいた当初から財務管理をきちんとされていて、しっかりとした会社という印象があります。社員の皆さんも生き生きとした雰囲気で働いていらっしゃって、社内の環境がとても良いですね。

「株式会社デンタルネット」へのインタビュー企画。次回は、経営方針について伺います。

[株式会社デンタルネット 公式ページへ]

http://www.net-dental.co.jp


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る