投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

病院・医院経営ブログ

H26 保険医療機関等の指導・監査等の 実施状況


厚生労働省は、H27.12.22に「平成26年度における保険医療機関等の指導・監査等の
実施状況について」を発表しました。

その主な数字を紹介しますと、

個別指導:
 医科:1,604件(前年1,563件)
 歯科:1,365件(前年1,400件)
 薬局:1,497件(前年1,437件)
 合計:4,466件(前年4,400件)

新規個別指導:
 医科:2,097件(前年2,104件)
 歯科:1,623件(前年1,557件)
 薬局:2,798件(前年2,509件)
 合計:6,518件(前年6,170件)

集団的個別指導:
 医科:4,170件(前年4,499件)
 歯科:5,058件(前年5,003件)
 薬局:3,851件(前年3,967件)
 合計:13,079件(前年13,469件)

適時調査:
 医科:2,346件(前年2,453件)
 歯科:0件(前年12件)
 薬局:1件(前年43件)
 合計:2,347件(前年2,508件)

監査:
 医科:35件(前年37件)
 歯科:45件(前年47件)
 薬局:7件(前年10件)
 合計:87件(前年94件)

このようになっております。
ここ数年の傾向を見ますと、
個別指導・新規個別指導が増加している一方、
集団的個別指導や監査は減少傾向にあることが読み取れます。

保険医療機関の取消の端緒としては、平成26年度は
「保険者等からの情報提供 25件、その他 16件」
となっておりここ数年、「保険者からの情報提供」が過半数を占めています。

保険医療機関等の取消等に係る主な事例も、同HPから紹介されております。
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000071608_4.pdf

指導等の対象となりますと、保険医療機関は多大な時間とストレスを受けることと
なります。これを避けるためにも、常日頃から、レセプトのチェック体制等を
整えていくことが重要でしょう。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る