投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

税務・会計ブログ:マンスリーコラム

税務調査の種類と対象となりやすい法人


◆税務調査の種類
 税務調査は「任意調査」と「強制調査」に分類されます。「任意調査」は、各税法上の質問検査権に基づいて執行されるもので一般的に「調査」と呼ばれます。「強制調査」とは悪質で計画的な脱税犯に対する国税犯則取締法に基づく調査で、「査察調査」と呼ばれます。

◆税務調査の対象となりやすい法人
 対象となりやすい法人は様々で、①長期未接触である法人、②周期該当法人、③特定業種法人、④好況業種法人、⑤財務分析に異常があった法人、⑥反面資料等と申告に差異が見られた法人、⑦税務の不正に関して有力な情報がある法人、⑧取引先の不正に加担した法人、⑨反社会的勢力が絡む法人などが挙げられます。

◆税務調査での指摘を未然に防ぐには
 税務調査は逃れられないものです。税務調査があったときに備えて、常日頃から万全の準備をしておくことが調査時の指摘を減らす最も有効な方法です。
 万全な準備をするためには、税理士をうまく活用し、正確な会計処理を行い、正確な申告書等の作成を行う必要があります。

◆申告書確認表が発表されました
 2015 年4 月、国税庁より「申告書の自主点検と税務上の自主監査」を行うための「申告書確認表」が発表されました。この確認表を活用することにより、誤りが生じやすかった事項について事前にミスを防ぐことができるので、申告書を自社で作成している法人は今後活用を検討してみてはいかがでしょうか。

出典:国税庁

出典:国税庁

 なお、この確認表を活用している法人を国税当局が把握するために、確定申告時に申告書と併せて提出する「法人事業概況書」に「活用の有無」欄が設けられる予定ですので、活用時にはご確認ください。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る