投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:マンスリーコラム

機能していない会社の戦略的撤退と組織再編税制


 今回は、機能していない会社の戦略的撤退と組織再編税制の活用について記載します。

◆機能していない会社を設置しておくことのデメリット

 業績拡大時に事業部を法人化してグループ経営を始めた会社は世の中に多く存在します。しかし、事業環境には波があります。法人化から数年後、法人化した会社の事業環境が悪化し、業績が縮小したことにより、ほとんど機能していない会社がそのまま残っていることが多々見受けられます。
 機能していない会社が残っていると、過大なコストが生じることになります。機能していない会社についても、間接業務を行う必要があり、決算・申告作業も必要になります。作業が増加すれば人件費や税理士などに支払うコストが増加します。
 また、所得の有無に関係なく都道府県や市町村に支払う必要がある「均等割(資本金や従業者数などにより税額は変動)」という税金もあります。
 つまり、機能していない会社でも、存在しているだけでコストや税金が生じることになります。

◆戦略的撤退と組織再編税制

 グループ会社においては、機能していない会社を有効活用できる可能性があります。それが組織再編税制の活用です。具体的には、(1)機能していない会社に多額の繰越欠損金(将来の所得と相殺可能な過去のマイナス所得の累積)がある。(2)グループ会社内に儲かっている会社がある。この2点を満たしているグループ会社は機能していない会社を有効活用できる可能性が高いです。理由としては、機能していない会社の繰越欠損金を儲かっている会社が引き継ぐことができる可能性があるためです。
 一定の要件を満たした場合、儲かっている会社と機能していない会社を合併すると、機能していない会社の繰越欠損金を儲かっている会社が引き継ぐことができます。また、機能していない会社が儲かっている会社の100%子会社の場合は、一定の要件を満たすことで、機能していない会社を特別清算することにより、機能していない会社の繰越欠損金を儲かっている会社が引き継ぐことができます。
 組織再編を行う際は、税務だけではく、経営面、会計面、労務面、法務面などあらゆる角度から検証することが必要になります。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る