投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:事業承継

事業承継における保険活用のメリットとは


11 事業承継における保険活用のメリットとは経営者が退職する際の退職金や、死亡時の相続税納税など、事業承継の際には何かと資金が必要になることが少なくありません。

そこで、事業承継の際に備えて保険を活用する対策を知っておくことで、経済的に負担が少なく事業承継を進められます。
事業承継における保険活用のメリットについてご紹介していきます。

法人の経営者が保険に加入することで得られるメリット

まずは、法人の経営者が保険に加入することで得られるメリットについて紹介します。

事業資金をまかなえる

払込期間が比較的短く早い段階で満期を迎え、高い返戻金を得られる生命保険を選ぶことで、ある程度まとまった事業資金を必要なタイミングに備えることができます。事業承継時には後継者教育のため、ある程度の資金投資が必要になることもあります。

そういった場合にも、経営者の保険金を事業資金に充てることで難局を乗り切ることができます。

損金に算入できる

経営者の生命保険料は、会社で払い込み、会社の損金にあげることが可能です。
損金の額を引き上げることにより所得金額を引き下げた結果、法人税や所得税などの金額を減額させられます。

株式を後継者に集中させ、保険金を現金化して後継者以外の親族に支払える

株式会社では、会社の株式の多くを経営者が保有していることが少なくありません。
この株式を後継者に譲渡することで、後継者は会社に対して議決権を得ることができ、事業承継をスムーズに進めることが可能になります。
後継者が経営者の息子や娘で他にも兄弟がいる場合、後継者に株式譲渡を集中して行うためには、他の兄弟に株式相当額の財産を渡すことで、株式を後継者が相続するということに合意してもらう必要があります。

個人の経営者が保険に加入することで得られるメリット

一方で、個人事業主の経営者が保険に加入するとどんなメリットがあるのでしょうか。

相続税の支払いに充てられる

経営者が死亡した場合、個人資産額に応じて相続税が発生しますが、相続税は累進課税であるため、資産が多いほど税率が高くなります。
そのため、相続税を支払うために相続財産を売却して現金をつくらなければならなくなるという事態も珍しくありません。
しかし、経営者の死亡保険金を相続税の支払いに回すことにより、相続財産を処分(売却)せずに済むことがあります。

保険金を現金化して後継者以外の親族に支払える

個人事業主の場合は会社経営者とは異なり、事業用の資産はほとんど相続税の対象となってしまいます。
このうち、事業の運営に必要な資産については後継者である息子や娘に遺しておきたいものです。
そこで、他の兄弟の相続分に相当する額の生命保険を遺しておくことで、後継者に対して事業に関わる資産を多く遺せることになります。

生命保険を活用した自社株対策とは

事業承継を行うときには、前述した通り経営者が保有している株式を後継者に譲渡することがよく行われます。
株式を譲渡すると所得税の対象となります。
上場会社で公開株式であれば株価は市場が決めるものですが、非上場会社で未公開株式の場合は決算内容等によって株価が決まります。
つまり、利益や純資産、配当が株価の要因になるのです。
そうすると、長年にわたって業績がよい会社の株式は額面の何倍もの評価額がつくこともあります。

そこで、生命保険を活用して自社株の評価額を引き下げるという対策が必要になります。保険料は損金として費用計上できるため、損金として算入して利益を減らすことによって株式の評価額を引き下げるのが、生命保険を活用した自社株対策です。

事業承継の際にはまとまった資金が必要になるケースが多いものですが、経営者の生命保険をうまく活用することで対策を立てることが可能です。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る