投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:事業承継

事業承継対策の必要性とは


中小企業を経営するオーナー様にとって、後継者を誰にするのかということは、重要な経営課題に位置づけられるでしょう。後継者に事業を円滑に引き継がなければ、せっかく築いた企業が継続困難になることもあり得るからです。以下では、事業承継の必要性について解説します。

事業承継とは

1.事業承継対策の必要性とは会社の経営を後継者に引き継ぐことを、「事業承継」と言います。事業承継は、後継者を決定、経営ノウハウを継承し、経営者としてのマインドを構築することはもちろん、オーナー様が保有する自己株式や、設備・不動産、事業を運転するための資金などを円滑に引き継ぎ、贈与税や相続税の対策をすることも欠かせない要素になります。

さらに、企業が保有する資産には、目に見えないものも多く存在します。企業の根幹となる経営理念を始め、取引先の情報や人脈、製造業であれば技術やノウハウなども承継する必要があります。

事業承継のために事前対策は必要か

日本を取り巻く経済環境は日々めまぐるしい勢いで変化を遂げています。事業を継続していくためには、その時代に合った経営の舵取りが必要になるのは言うまでもありません。高齢化社会における日本では、年齢に関係なく元気に活躍しているオーナー様が多くいらっしゃいます。しかし、取引先のお客様、従業員がいるからこそ、ビジネスが成り立っている部分もあるのです。事業が安定して継続できるということは、取引先との信頼関係が維持されるだけではなく、働く従業員の会社に対する帰属意識を高めることに繋がると言えるでしょう。

事業承継には人・モノ・金・知的財産など引き継ぐことが多岐にわたるため、時間もかかります。企業活動を継続していくためにも、早めの対策が重要になると言えるでしょう。

事業承継対策をしなかった場合のデメリットとは

事業承継対策をしなかった場合、事業の継続自体が困難になるケースも考えられます。例えば、オーナー様がご子息に経営権を譲ることで事業承継をしたとしましょう。しかし、経営の最終判断がオーナー様のままだった場合、これでは事業承継したとは言えません。オーナー様とご子息の経営方針が異なる場合、トラブルに発展しやすく、事業が回らなくなってしまうという事態にも繋がりかねません。

さらに、経営が安定化しないということは、資金繰りの要と言えるメインバンクの信用を損なうことに繋がります。事業の不安定化は、取引先の信頼関係にも影響を及ぼしますし、働いている従業員の不安をあおってしまうことでしょう。

また、年齢を重ねることによってオーナー様の健康上のリスクが高くなることは避けられません。事業承継対策を何も行わずに、オーナー様に万が一のことがあった場合、適切な後継者をすぐに見つけ出すことは難しく、このケースも事業の継続自体が困難になることも考えられます。

事業承継の対策をきちんと行っておくことで、上記のデメリットを回避できるだけではなく、新しい経営者になることで組織の若返りを図れ、さらに事業を発展させるきっかけになるでしょう。

オーナー様の築いてこられた事業を、後継者がいないという理由で途絶えさせてしまうのは、大変残念なことです。事業を継続していくためには、事業承継の必要性が高いと言えます。事業承継はまだ早いとお考えになるオーナー様も多いことから、つい優先順位が下になりがちです。将来を見据えて、早めの対策を検討することが大切です。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る