投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『経営者にとって一番大切な仕事』(坂本 光司)第2737号


日進月歩で世の中になかが変わっている状況で、多くのことを速やかに自分一人で判断することなど、まず不可能だといえますし、何もかも自分でやればいいという考えなど、いいわけありません。


さらにいうと、特に中小企業の場合は、上位下達的な経営はやめ、全員参加型の経営にすべきです。


権限をトップに集中し過ぎないようにして、可能な限り権限を社員に委譲するべきでしょう。


あるいは、聞く耳を持って社員から尊敬されるような経営者になる。


何でも言える組織風土をつくる。


そのように社内環境を整えなければ、経営者の分身など育てないでしょうし、ヘタすれば裸の大様と化してしまうことになりかねません。


以前、ある会社の社長さんから、「自分の仕事をなかなか社員に任さられずに困っています。どうしたらいいですかね」


と質問されたことがありました。


そこで私が「経営者の仕事は社員のモチベーションを高めることです。営業するとか、コストダウンを図るとか、銀行に行くとかは経営者の本来の仕事ではありません。そんなことをしているから社員が育たないのではないですか」


というと、その社長さんは「なるほど・・・」と納得をしていました。


経営者の仕事は、1つ目はどこに行くか方向を明示する。2つ目はやるかやらないかを決断すること。3つ目は社員はモチベーションを高めることです。


特に重要なのが3つ目は社員のモチベーションを高めることです。


特に重要なのが3つ目で、自分が示した方向、決めたことに対して、全従業員が全身全霊で価値ある仕事に取り組んでもらえるように、よい環境を整えるというのが経営者にとって一番大切な仕事です。

(坂本 光司 著書『利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるか』より)

無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る