投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『楽しいと運が来る』(メール「人の心に灯をともす」より)(第2436号)


「笑う門には福来る」という言葉がある。

この言葉の「福」は「運」と言い換えてもいいだろう。

ではなぜ、笑いが運を招くのだろうか。


まわりの人を笑顔にできる明るい人は、常に前向きで、いろんなことに積極的に取り組む。

何もないところに「楽しさ」を見つけられるのが明るい人の特徴だ。


「毎日がつまらない」と言っている人は、自ら楽しもうという気持ちを失ってしまっている。

日常の些細なことであっても、人生を楽しくするコツはたくさんある。

子供たちは何もない公園や広場でも、何かしら遊びを見つけて楽しく遊ぶことができる。

大人になるとそういった自ら楽しむ工夫や、ちょっとしたことで感動する純粋な気持ちを忘れてしまいがちだ。


毎日がどうやったら楽しくなるかを考え、ちょっとした工夫を取り入れることが、明るく生きることであり、そういう人はまわり人も楽しませることができる。

そしてその「ちょっとした工夫」が結果的に運やツキを呼ぶことになるのだ。


人間には「何も楽しめない人」「自分だけ楽しむ人」「まわりにも楽しみを与えられる人」の3タイプがいる。

「何も楽しめない人」は便利な現代社会の中ですべてが依存的になってしまい、自ら何かを切り開こう、生み出そうという気概を失ってしまっている。

「自分だけ楽しむ人」も自分の殻に閉じこもってしまっているから、まわりの人を楽しませることはできない。

もっとも運を拓くのは3番目の「まわりにも楽しみを与えられる人」である。


運が来ると人は楽しくなる。

つまり楽しいと運が来るということだ。

運に恵まれている人というのは、その相互関係がよく分かっている人なのである。


『運とツキに好かれる人になる』宝島社





『「原因」と「結果」の法則』というジェームズ・アレン氏の言葉がある。

我われの心の中の思いが現実をつくり出す、ということで、すべての結果には原因があるということ。


それは、

「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しくなるのだ」ということでもあり、「運が来るから楽しくなるのではなく、楽しいから運がやって来る」ということ。


些細なことや、つまらなそうなことであっても、その中から楽しみを見出せる人は幸せだ。

そして、自分だけが楽しむのではなく、さらにまわりの人にも楽しみを与えられる人は人から感謝される。


「楽しいと運が来る」

どんなことにも楽しみを見いだし、同時に…

まわりの人にも楽しみを与えられる人でありたい。


([hiroーsan]さんのブログ「人の心に灯をともす」より抜粋)


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る