投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『本物に触れる』(志岐 幸子)第2711号


私は、一流の方々のお話を伺うかがうたびに「感性」を磨くためにどんなことが必要かをお聞きしてきました。


日本と中国の両国で、シンクロナイズド・スイミングの代表を世界のトップクラスに引き上げた偉大な指導者は、次のように教えてくれました。


感性を磨くためには、本物に触れなさい。


本気のものに触れなさい。


本気でない上辺のものだけに翻弄されていたらダメ。


本気と本物はすごいから・・・


私はシンクロだけど、上手なトップアスリートの演技であれば、走る姿であれ、投げる姿であれ、みんなシャープでカッコイイ。


だから、それに接しなさい。


そうでないものばかりに触れていたら、人間って怖いもので、当たり前になる。


当たり前になったら、本気でないもの、本物でないもので満足してしまう。


本当の「すごい」っていうのは、本気でかかっている人間の姿に触れること・・・・


井村先生は、分野を問わず「本物に触れる」ことをすすめておられます。


井村先生のおっしゃる「本物」とは、時代や文化の種類に関係なく、本気で取り組んでいるパフォーマンスの事です。


井村先生は、伝統芸能やエンターティメントなども、ご自身がまずご覧になってよいと思われるものに、愛弟子を連れていかれたそうです。


(志岐 幸子)

無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る