投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『世間というもの』(松下幸之助)第2619号


世間というのは、厳しくもあるし、また暖かくもある。

そのことを、昔の人は「目明き千人めくら千人」という言葉であらわした。

いい得て妙である。

世間にはめくらの面もたくさんある。

だから、いいかげんな仕事をやっていいかげんにすごすことも、時には見逃されて過ぎ去ってしまうこともある。

つまりひろい世間には、それだけの包容力があるというわけだが、しかしこれになれて世間をあまく見、馬鹿にしたならば、やがては目明きの面にゆき当たって、身のしまるような厳しい思いをしなければならなくなる。

また、いい考えを持ち、真剣な努力を重ねても、なかなかにこれが世間に認められないときがある。

そんなときには、ともすると世間が冷たく感じられ、自分は孤独だと考え、希望を失いがちとなる。

だから悲観することはない。

めくらが千人いれば、目明きもまた千人いるのである。

そこに、世間の思わぬ暖かさが潜んでいる。

いずれにしても、世間は厳しくもあり、暖かくもある。

だから、世間に対しては、いつも謙虚さを忘れず、また希望を失わず、着実に力強く自分の道を歩むように心がけたいものである

(松下幸之助 『道をひらく』より)

無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る