投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『お人よしは損ではない』(メール「人の心に灯をともす」より)第2440号


筑波大学名誉教授、村上和雄氏の心に響く言葉より…


お人よしの代表と言えば、良寛さんでしょう。

江戸後期に、名主の家に生まれた彼は、後に出家して諸国を行脚(あんぎゃ)し、歌人としても有名です。

帰郷してからは、子どもたちや農民たちと超俗人的な生活を楽しみました。


それだけに逸話も多いのです。

たとえば、子どもたちとかくれんぼをしていたときのことでした。

夕方になって、親に呼ばれた子どもたちがみんな帰ってしまったあと、暗くなるまで、正直に隠れていたという話が残っています。


というわけで、子どもたちや村人にからかわれても、いつもニコニコしていたというのが、良寛さんの人物像です。

船頭にいたずらを仕掛けられたときもそうでした。

舟で川を渡っているとき、船頭がわざと舟を揺らし、良寛さんを落としてしまったのです。

ニコニコして怒ることがない良寛さんが怒るところを見たいと、船頭は思ったのでした。


ところが、良寛さんは怒りませんでした。

それどころか、おぼれかけたときに助けた船頭に向かって、「助けてくれてありがとう」とお礼を言う始末でした。

これではお人よしを通り越して「バカ」なのではないかと思われて当然です。

しかし、「大愚(たいぐ)」は「大賢」に通じるとも言います。

ほんとうに賢い人は愚かな人間に見えることがあるのです。


一般的に、「お人よし」と、人から呆(あき)れた目で見られるような人は、人を憎むことがありません。

相手のいいところばかり見て、意地悪人間にも親切にしてしまいます。

ですから、「あいつはお人よしで損ばかりしている」と言われているのでしょう。


しかし、一見したところ意地悪な人にも、どこかいいところがあるかもしれません。

その可能性をはじめから認めないのは、ある種もったいないことではないでしょうか。

一方、誰にでも温厚な人は、典型的なプラス思考の持ち主と言えるでしょう。

そして、それだけ人間関係の可能性も大きいということです。


つまり、他人の「いいところ」ばかりを見て暮らす楽しい人生は、損な人生とは言えないのです。

むしろ誰にでもニコニコとしている人のほうが、出会い遺伝子がオンになりやすく、運命の出会いを引き寄せることも多いことでしょう。


『そうだ!絶対うまくいく!』PHP文庫





誰かと争いになり、口論したとき、もし相手を徹底的に打ち負かしたとしたら、相手から怨(うら)みを買うだけだ。

勝ったとしても、逆に損をすることが多いことに気づかない。

小利口(こりこう)で、目先の利益だけを考え、少しでも多く自分が得ようとする人だ。


お人よしは、ボーっとしていて、自分の損得の疎(うと)い。

自分が受け取る以上に、人に与えてしまう。

勝ちをゆずってしまうような、まわりから見たら、少し損をして生きる人。


「お人よしは損ではない」

受け取る以上に、人に多く与えれば、いつかそれがめぐってくる。

 

([hiroーsan]さんのブログ「人の心に灯をともす」より抜粋)


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る