投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ

『もって、人生は笑うべし』(メール「人の心に灯をともす」より)(第2421号)


人生を楽しくするのは、気分の切り替えひとつである。

楽しいことを見たり、やらなければ損だと思うこと。


鵜(う)の目鷹(たか)の目で、楽しいことを探しているうちに、日々が楽しくなるものだ。

楽しくなれば、笑いは自然に増大する。

笑いの増大はイコール健康の増大である。


もって、人生は笑うべし。

これが前向きの人生のコツである。


思えば、私はずっとこの「主義」でやってきた。

そのせいか「斎藤はしょっちゅうニヤニヤしている」とか、「のほほんとしている」などといわれるのだが。


私はたいしておいしくない食事やお酒でも、必ず「うまい」っていってみる。

すると、不思議なことにほんとうにおいしくなってくるものである。

自己暗示といえば自己暗示だし、人間の舌などそのように曖昧なものであるともいえるのだが、ともかくなにごとも前向きにとらえる。


人生を楽しく生きることは、ほんとうに大切なことである。

そのためにはアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズがいっているように、「人間は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのである」ということを実践することである。

笑いを求める人生は、楽しくまた健康の元であるというのは、私の長年の持論である。


『いい人生には「生き方のコツ」がある』だいわ文庫



人間には伝染しやすいものが三つあると、小林正観さんはいう。

一つは、あくび。

一つは、不機嫌。

一つは、笑い。


詩人のゲーテは、「人の最大の罪は不機嫌」と言った。

不機嫌な人のまわりからは人は去っていく。

不機嫌がうつるからだ。


機嫌がよくなる魔法の言葉…

食事のとき「うまい」と、ニッコリ笑って言ってみる。

友人と会ったとき「すごい(素敵)」と、ニッコリ笑って言ってみる。

仕事のとき「楽しい」と、ニッコリ笑って言ってみる。

朝起きたら「ツイてる」と、ニッコリ笑って言ってみる。

そして、すべてに「ありがとう」と、ニッコリ笑って言ってみる。


「もって、人生は笑うべし」

笑う門には福きたる。



([hiroーsan]さんのブログ「人の心に灯をともす」より抜粋)


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る