投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:資金調達

製品開発着手支援助成事業について


※今回の内容は、東京都内に主たる事業所を有する中小企業者等のみとなります。

 公益社団法人東京都中小企業振興公社では、東京都内に事業所を有する中小企業者等の新たな製品開発・技術開発への取組を支援するため、製品開発着手支援事業を実施する予定です。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/chakushu.html

■支援対象者
 東京都内に主たる事業所を有する中小企業等が対象になります。

■ 助成内容
 開発の初期段階のアイディアや構想の技術検証を行う都内中小企業者等に対して、本格開発に着手する前の事前検証に要する経費の一部を助成します。

■ 助成対象事業について
 次のア及びイの要件を満たす必要があります。
ア.本格開発に着手する前の事前検証があること。
イ.他企業・大学・公的試験研究機関等の社外資源を活用したものであること。

■ 助成率、助成限度額及び助成対象経費について
 助成対象と認められる経費の1/2以内で、助成限度額が100万円(助成下限額10万円)です。助成される経費の対象は、(1)原材料・副資材費、(2)委託・外注費(委託費、外注費、共同研究費、市場調査費)が対象となります。
 申請方法は、実施計画等を含めた申請書を平成29年4月17日(月)から5月12日(金)までに簡易書留で郵送します。審査は5月下旬に一次審査(書類審査)、6月下旬に二次審査(面接審査)があり、7月中旬に助成対象者が決定します。助成対象期間は平成29年7月1日まで最長で平成30年6月30日の一年以内となります。

 新たな製品の開発を検討されているようでしたら、この助成事業を活用してみてはどうでしょうか。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る