投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

未分類

パートタイマーが希望しない場合、社会保険に加入させなくてもよい?


Q:パートタイマーが希望しない場合、社会保険に加入させなくてもよい?

 

A:社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入は、本人で任意に選択できるものではないため、要件に該当した場合、会社は必ず加入手続きをとらねばなりません。 本人が加入したくない、という理由で会社が社会保険に加入させなかった場合は、加入の届出を怠った会社に責任が及びますので、注意が必要です。

 

なお、社会保険の加入基準について平成28年9月30日までは、  

・1日又は1週間の労働時間が正社員の概ね3/4以上であること。

・1ヶ月の労働日数が正社員の概ね3/4以上であること。

 

上記2つの条件を満たしている場合は、社会保険に適用させる必要がありました。

しかし、平成28年10月に厚生年金保険法等が改正され、短時間労働者(パートタイマー等)の社会保険の適用範囲が拡大されることになりました。改正後は、従業員数501人以上の規模である会社を対象に、1年以上の雇用期間が見込まれるパートタイマー等で、週20時間以上の勤務時間かつ月額88,000円(年収106万円)以上の方がいる場合には、新たに社会保険を適用しなければなりません。(学生は適用除外となっています)

 

上記は経過措置であり、平成31年9月30日までに改めて基準等の検討が行われる予定となっています。企業規模や賃金等の基準が見直された場合、更に適用範囲が拡大されることが想定されます。

TOMAグループでは短時間労働者の雇用管理など、労務相談サービスを承っております。

詳しくはこちら

http://toma.co.jp/services/human/roumu-support/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る